保険 業法。 保険業法|条文|法令リード

保険業法施行規則

業法 保険 業法 保険 業法 保険

(平成三十年政令第百七十三号)• 平成12年3月31日 法律第14号 法人税法の一部を改正する法律• (令和二年内閣府令第三号)• 第三款 合併の手続• VII -5-2 海外当局との連携によるグループ監督. V -5-9 帳簿書類• 6 第2項第3号の期間内に異議を述べた保険契約者 (同項の規定による公告の時において既に保険金請求権等が生じている保険契約 (当該保険金請求権等に係る支払により消滅することとなるものに限る。

3
保険金受取人の変更とは 保険金受取人の変更に関するルールが明確化されました(被保険者の同意が必要)。

保険業法施行令

業法 保険 業法 保険 業法 保険

を行うことができる。 保険金受取人変更の効力については、「変更の意思表示を保険者に通知」することで可能となり、その意思表示が保険者に到達した場合は「通知時点(書類発送日等)にさかのぼって効力が発生する」としています。 29 施行• insurance. 第2目 会員• ) (会社の代理商)の規定は相互会社のために取引の代理又は媒介をする者について、同編第4章 (第24条を除く。

6
V -1-2 登録申請書の記載要領等• この場合において、同章中「所属信託会社」とあるのは「所属生命保険会社」と、同法中「」とあるのは「保険業法第111条第1項及び第2項」とする。

保険業法(平成7年6月7日法律第105号)

業法 保険 業法 保険 業法 保険

以下は法施行日前の既契約についても保険法が適用されます。 ) (会計参与)の規定は、相互会社の会計参与について準用する。

1
V -1-5 登録後の取扱い• 01 施行• 第2目 総代会 3 会社法第310条 (第1項及び第5項を除く。

保険業法施行令

業法 保険 業法 保険 業法 保険

5 会社法第405条から第407条まで (監査委員会による調査、取締役会への報告義務、監査委員による執行役等の行為の差止め)、第408条 (第3項、第4項並びに第5項第3号及び第4号を除く。 この場合において、必要な技術的読替えは、政令で定める。 V -1-13 役員又は使用人の届出書の添付書類• VII -3-7 グループベースの資産運用リスク管理• 行政不服審査法及び行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令• ) (指名委員会等設置会社と執行役又は取締役との間の訴えにおける会社の代表等)及び第409条 (報酬委員会による報酬の決定の方法等)の規定は、指名委員会等設置会社の指名委員会等又は委員について準用する。

16
III -1-8 保険会社に関する苦情・情報提供• 平成13年6月8日 法律第41号 弁護士法の一部を改正する法律• 第53条の15 会社法第350条 (代表者の行為についての損害賠償責任)、第352条 (取締役の職務を代行する者の権限)、第354条から第357条まで (表見代表取締役、忠実義務、競業及び利益相反取引の制限、取締役の報告義務)、第358条 (第1項第2号を除く。

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第121条(保険計理人の職務)

業法 保険 業法 保険 業法 保険

)の設立時委員 (相互会社の設立に際して指名委員会等の委員となる者をいう。 II -3-1 意義• IV -3-2 販売用等自動車保険契約• 平成15年7月25日 法律第129号 保険業法の一部を改正する法律• )」とあるのは「社員」と、「当該株主等」とあるのは「当該社員」と、同法第848条(訴えの管轄)中「株式会社又は株式交換等完全子会社(以下この節において「株式会社等」という。 第4節 保険業の廃止等• 平成9年6月6日 法律第72号 商法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備に関する法律• III -5-2 監督手法・対応• 31 施行• 平成16年6月9日 法律第88号 株式等の取引に係る決済の合理化を図るための社債等の振替に関する法律等の一部を改正する法律• 第45条 社員総数の千分の三 (これを下回る割合を定款で定めた場合にあっては、その割合)以上に相当する数の社員若しくは三千名 (これを下回る数を定款で定めた場合にあっては、その数)以上の社員 (特定相互会社にあっては、第38条第1項に規定する政令で定める数以上の社員)で6月 (これを下回る期間を定款で定めた場合にあっては、その期間)前から引き続いて社員である者又は九名 (これを下回る数を定款で定めた場合にあっては、その数)以上の総代は、取締役に対し、総代会の目的である事項 (総代会において決議をすることができる事項に限る。

VII -2-1 意義• )の選定及び解職について、同法第48条 (設立時委員の選定等)の規定は相互会社 (指名委員会等設置会社に限る。

保険業法(平成7年6月7日法律第105号)

業法 保険 業法 保険 業法 保険

人工衛星等の打上げ及び人工衛星の管理に関する法律施行令• 第六節 株主• 平成26年6月27日 法律第91号 会社法の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律• IV -1-14 特別勘定又は積立勘定を設ける商品• )又は第847条の3第1項の規定による請求」とあるのは「保険業法第53条の37において準用する第847条第1項の訴えの提起の請求」と、同項第2号中「第849条第4項」とあるのは「保険業法第53条の37において準用する第849条第4項」と、「第850条第2項」とあるのは「保険業法第53条の37において準用する第850条第2項」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。

8
III -2-15 説明書類の作成・縦覧等• 以下この項において同じ。

保険業法(平成7年6月7日法律第105号) 第294条の3(業務運営に関する措置)

業法 保険 業法 保険 業法 保険

以下同じ。 施行日降順• 資金決済に関する法律施行令等の一部を改正する政令• この場合において、同条第3項中「取締役(これらの会社に最終完全親会社等がある場合において、第1項の規定により免除しようとする責任が特定責任であるときにあっては、当該会社及び当該最終完全親会社等の取締役)」とあるのは、「取締役」と読み替えるものとする」とあるのは「準用する」と、同条第4項中「(当該株式会社に最終完全親会社等がある場合において、当該損害が特定責任に係るものであるときにあっては、当該株式会社及び当該最終完全親会社等の株主総会)において」とあるのは「において」と、同条第5項中「第425条第4項及び第5項」とあるのは「第425条第4項前段」と読み替えるものとするほか、必要な技術的読替えは、政令で定める。 R01. II -3-2 リスクの特定及びリスク・プロファイル• 第21条 会社法第8条 (会社と誤認させる名称等の使用の禁止)の規定は相互会社であると誤認されるおそれのある商号又は名称の使用について、同法第9条 (自己の商号の使用を他人に許諾した会社の責任)の規定は相互会社について、同法第1編第3章第1節 (会社の使用人)の規定は相互会社の使用人について、同章第2節 (第18条を除く。

第二節 保険主要株主に係る特例• V -1-3 登録申請書の添付書類• 平成23年5月25日 法律第49号 資本市場及び金融業の基盤強化のための金融商品取引法等の一部を改正する法律• 平成21年6月10日 法律第51号 私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律• 第二章 保険業を営む株式会社及び相互会社• 第二章 保険募集人及び所属保険会社等• 第4章 子会社等• )及び信託業務を営む金融機関 (金融機関の信託業務の兼営等に関する法律 (昭和18年法律第43号)第1条第1項 (兼営の認可)の認可を受けた金融機関をいう。 平成11年8月13日 法律第125号 商法等の一部を改正する法律• に対し、当該保険会社の業務又は財産の状況に関し参考となるべき報告又は資料の提出を求めることができる。

保険法とは?|わかりやすくFP解説

業法 保険 業法 保険 業法 保険

平成16年6月11日 法律第105号 年金積立金管理運用独立行政法人法• 第8目 監査等委員会• )」と、「本店」とあるのは「主たる事務所」と、「支店」とあるのは「従たる事務所」と、「営業時間」とあるのは「事業時間」と、「株主総会」とあるのは「社員総会(総代会を設けているときは、総代会)」と、「定時株主総会」とあるのは「定時社員総会(総代会を設けているときは、定時総代会)」と読み替えるものとする。

14
保険業法施行規則の一部を改正する内閣府令• 平成13年11月9日 法律第117号 銀行法等の一部を改正する法律• 平成23年6月3日 法律第61号 民法等の一部を改正する法律• 告知ルールとは 従来の「自発的申告義務」から、保険者からの質問に応答する「質問応答義務」へ変更されました。 ) (議事録)、第319条 (第4項を除く。