į´Ģ だ ãĄ たる 雲 ぎ į´°ã たãĒãŗき たる。 į´Ģ

中å­Ļæ Ąå›ŊčĒž 古文/æž•č‰å­

たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã

æ˜ŧãĢãĒり、寒さがだんだんゆるんでいくと、įĢæĄļぎį‚­ã‚‚į™Ŋいį°ãŒį›ŽįĢ‹ãŖãĻきãĻ感じæ‚Ēい。

フãƒĒãƒŧ゚クãƒŧãƒĢ 不į™ģæ Ą åŧ•ãã“ã‚‚ã‚Š 支援 å­Ļįŋ’åĄž 受験 個åˆĨ指導 小čĢ–æ–‡ å­č‚˛ãĻ įžäģŖ文 å›ŊčĒž äŧæĨ­į ”äŋŽ äģ™å° 厎城. こぎã‚Ģイã‚ŦãƒŠãƒ ã‚ˇã¯æ¨Ģぎ木ぎ一į¨Ž Kermes oak ãĢ寄į”Ÿã™ã‚‹č™Ģであり、こぎč™Ģã‹ã‚‰æŽĄå–ã•ã‚ŒãŸč‰˛į´ ãŽč‰˛ã¯ Kermes ãĢãĄãĒんでやīŧˆã‚Ģãƒŧマイãƒŗ、ã‚ĢãƒĢミãƒŗīŧ‰ã¨å‘ŧばれīŧˆã“ã‚ŒãĢį›¸åŊ“するæ—ĨæœŦčĒžãŽč‰˛åã¨ã—ãĻがあるīŧ‰ã€č‰˛į´ ãŽį‰ŠčŗĒ名īŧˆã‚ĢãƒĢミãƒŗ酸īŧ‰ãĢもãĒãŖた。 īŧˆã¨ãŽåˆåŒã‚šãƒšãƒĢã‚Ģãƒŧドīŧ‰. æ˜Ĩはあけãŧぎ ãƒģ īŧˆå¤æ–‡č¨˜äē‹ä¸€čĻ§īŧ‰īŧžã˛ã¨į›Žã§ã‚ã‹ã‚‹ [ 原文ãƒģįžäģŖčĒžč¨ŗ ] æ˜Ĩは、あけãŧぎ。

曙はぞだį´ĢãĢãģととぎす

たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã

厌全ãĢį´Ģč‰˛ã¨ã„ã†ã‚ã‘ã§ãĒく、į´Ģ色ãĢčŋ‘いようãĒ感じという意å‘ŗです。 įžäģŖčĒžč¨ŗ からすがねぐらãĢéŖ›ã‚“でいこうと、三įžŊ四įžŊ、äēŒįžŊ三įžŊãĒおとéŖ›ã‚“でæ€Ĩぐ様子さえも、しãŋじãŋとしãĻいる。 ãĒおãĢ書かれた「į´Ģč‰ã€ã¯åˆĨį¨Žã ã¨ã„うčĒŦもあるが、įžäģŖでは「むらさき」と同į¨Žã§ã‚る。

ã“ãŽč‰˛į´ ã‚‚、マã‚ŧãƒŗã‚ŋč‰˛ã¨ã—ãĻäŊŋį”¨ã•ã‚Œã‚‹ã€‚ åˇģ貝1個からå‡ēる分æŗŒæļ˛ã¯ã‚ãšã‹ã§ã‚ãŖãŸãŸã‚ã€ã“ãŽæŸ“č‰˛ã•ã‚ŒãŸå¸ƒãŒč˛´é‡ãĒもぎであり、ぎ頃よりčĨŋ洋ではéĢ˜č˛´ãĒčēĢåˆ†ãŽč€…ãŒčēĢãĢį€ã‘ãĻいた。

小å­Ļæ Ąå›ŊčĒž/æž•č‰å­

たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã

昨æ—Ĩã¯ã€Žæ–šä¸ˆč¨˜ã€ã€ãã—ãĻ、äģŠæ—Ĩã¯ã€Žæž•č‰å­ã€ãŒãƒ†ãƒŧマです。 æēæ°ãŽé–“ã‚’čĻ‹ãĻいると、ぞだæ˜Ĩぎé™Ŋ気が掋ãŖãĻã„ã‚‹ã‚‚ãŽãŽã€ãĄã‚‡ã†ãŠãƒ›ãƒˆãƒˆã‚Žã‚šãŽåŖ°ãŒč´ã‹ã‚ŒãĻ夏ぎ到æĨを感ずることだ、というぎである。

」 īŧˆå†Ŧは旊朝がいい。 「ãƒĸãƒŧブ」 mauve はで、į‰šãĢ を意å‘ŗする。

æž•č‰å­įŦŦ一æŽĩ「æ˜Ĩはあけãŧぎ」įžäģŖčĒžč¨ŗと文æŗ•č§ŖčĒŦ

たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã

æ˜Ĩは、夜明けがすばらしい。 åŋ…čĻã ã¨č¨€ãŖãĻしぞãŖãĻは、善意で回į­”しãĻくださる斚は減ãŖãĻしぞうぎではãĒいでしょうか。 昨æ—Ĩã¯ã€Žæ–šä¸ˆč¨˜ã€ã€ãã—ãĻ、äģŠæ—Ĩã¯ã€Žæž•č‰å­ã€ãŒãƒ†ãƒŧマです。

5
闇もやはり、ホã‚ŋãƒĢがéŖ›ãŗãĄãŒãŖãĻいるぎもすばらしい。 「不可čĻ–」は"invisible"ã¨č¨€ã„ã€"the invisible"で「į›ŽãĢčĻ‹ãˆãĒいもぎãƒģ霊į•ŒãƒģįĨžã€ã‚’čĄ¨ã™ã€‚

æž•č‰å­įŦŦ一æŽĩ「æ˜Ĩはあけãŧぎ」įžäģŖčĒžč¨ŗと文æŗ•č§ŖčĒŦ

たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã

こぎã‚ĸニãƒĒãƒŗįŗģ色į´ ã¯å›ēåŊĸではįˇ‘č‰˛ã‚’ã—ãĻいるが、į†ąæš¯ã‚„エã‚ŋノãƒŧãƒĢãĢæēļč§Ŗさせるとčĩ¤į´Ģ色ãĢ変化する。 「だんだんį™ŊくãĒãŖãĻã„ãåąąéš›ãŒå°‘ã—æ˜Žã‚‹ããĒるãŖãĻ、おういうことよ」とツッã‚ŗミをå…ĨれたくãĒるぎです。 過åŽģãŽč¨˜äē‹ãŒã€ãƒ›ãƒŧムペãƒŧジぎブログãĢありぞす。

2
äŊ•æ•…ãĒã‚‰æĄã‚„č—¤ãŽčŠąã¯į´Ģであり、į´Ģã¨ã„ã†åãŽčŠąã¯æ šãŒį´Ģč‰˛ãŽæŸ“æ–™ãĢãĒるため。

į´Ģ

たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã たãĒãŗき たる 雲 たる į´Ģ だ ãĄ ぎ į´°ã

æ—ĨがしずんでしぞãŖãĻ、éĸ¨ãŽéŸŗやč™ĢぎåŖ°ãŒčžã“えãĻãã‚‹ãŽã¯ã€č¨€ã†ãžã§ã‚‚į„Ąã„。

1
夕æ—ĨがさしãĻã€åąąãŽã‚ãĢčŋ‘くãĒãŖたころãĢ、からすが、ねぐらãĢ帰るためãĢ、三įžŊãƒģ四įžŊ、あるいはäēŒįžŊãƒģ三įžŊ、éŖ›ã‚“でゆくぎも、しãŋじãŋとしãĻいる。